お知らせ

自動音声による電話予約の取りやめ

2020年10月09日 | 小児科 すなおしこどもクリニック

042-770-7272でお受けしていた自動音声による無人電話予約は、専用機器の故障のため停止しました。ご予約はスマホ・PCからのネット予約、またはクリニックへの直接電話042-770-7450へお願いいたします。

インフルエンザワクチン助成対象予診票

2020年10月02日 | 小児科 すなおしこどもクリニック

未就学児の助成対象者用専用予診票が届きました。接種を予約された方は接種前日までにクリニック受付まで取りにいらしてください。複写式の予診票のため、ダウンロードは出来ません。

インフルエンザワクチンの予約について

2020年09月29日 | 小児科 すなおしこどもクリニック

9月30日(水)からインフルエンザワクチンの予約を開始いたします。

相模原市未就学児の助成対象の方の専用予診票はまだ市役所から届いておりません。

届き次第お知らせします。

10月からロタウィルスワクチンが定期接種に加わります。

2020年09月18日 | 小児科 すなおしこどもクリニック

〈接種対象者と公費開始日〉

2020年8月1日以降に出生された相模原市・町田市に住民票があるお子様を対象に10月1日から公費で接種が始まります。ロタウィルスワクチンは経口接種ワクチンで、生後6週から接種できますが、2020年9月までは自費負担となりますのでご注意ください。2020年7月31日生まれまでのお子様は2020年10月以降に接種しても対象となりませんので、自費にはなりますが早めの接種をお勧めします。

 

〈ロタウイルスとは〉

冬から春先に流行する乳幼児の胃腸炎の主な原因ウイルスです。初期の嘔吐、その後激しい下痢が長期間続き、脱水になり入院する方も少なくなく、まれに脳炎もみられます。感染力が強く5歳までに一度は感染すると言われています。いくつかのタイプがあって何度も感染する上に、治療薬がありません。保育園を長期間休む、きょうだいへの感染など、保護者の欠勤による社会的損失も多く、以前から社会経済的に「公費化で元が取れるワクチン」と言われていましたが、ついに公費化されました。

10月から別の種類のワクチンの接種間隔の制限が緩和されます。

2020年09月15日 | 小児科 すなおしこどもクリニック

〈今まで〉

別の種類のワクチンを受けるとき、生ワクチンを接種した後は4週間、不活化ワクチンを接種した場合は1週間、接種間隔を空ける必要がありました。

〈改正後〉

引用:第37回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会 予防接種基本方針部会  予防接種の接種間隔に関する検討より

 
上記のルールが無くなり、注射生ワクチン-麻疹風疹(MR)・水痘・おたふくかぜ・BCG-から注射生ワクチンの接種の場合以外、別のワクチンであれば、接種間隔を考慮する必要がなくなりました。

例えばロタウイルスワクチン(経口生ワクチン)からHib・肺炎球菌・B型肝炎・4種混合は翌日でも接種可能です。またインフルエンザ以外のワクチンを接種してからインフルエンザのワクチンを接種するまで、日にちを空ける必要がありません。ただし日本脳炎から日本脳炎のように同じ種類のワクチンの接種間隔は従来と変わりません。

 

TOP